メイク落としの順番は、アイメイクを落としてから全体のメイクが重要!

ファンデーション等の顔全体のメイクと、アイシャドウ等のアイメイクは、基本的に色素が違います。
更に、顔全体と目の周りとでは、皮膚の薄さに雲泥の差があります。
メモとも含めて顔全体を一気にクレンジングしてしまうと、目の周りの色素沈着を進めてしまいます。
その為、目の周りの小じわが出来てしまいます。

目の周りに負担を掛けない為には、最初にアイメイクを落とし、その後に顔全体のメイクをクレンジングするようにしましょう。

頑固なアイシャドウのラメを落とす方法

アイメイクにラメを使うと、クレンジングの際もなかなか落ち辛くて、とても厄介ですよね。
いくらクレンジングしてもラメが目元にキラキラと残ってしまい、ついつい爪先でこすって落としてしまったり...

目の周りの皮膚は薄くてデリケートなので、間違っても爪先でこすって落とすような事は無いようにしましょう。

目の周りのラメを効率的に落とす方法は、綿棒を活用してみましょう。
綿棒にアイメイクリムーバーをたっぷり染み込ませて、取り除いていきます。
不思議と綿棒にラメが付き、綺麗に落とす事が出来ますよ。
この際、優しく綿棒を目元に当ててあげるようにすると、目の周りに負担を掛けにくくする事が出来ます。

落ちにくいアイメイクは、リムーバーを放置

目元の皮膚はデリケートなので、いかに摩擦や負担を掛けずにメイクを落としてあげるかが重要となります。
アイメイクは目元専用のリムーバーを使って、優しく浮かせて落としましょう。

アイメイクリムーバーは、一般的なクレンジングとは違い、目元に乗せて放置してあげるだけで、綺麗にアイメイクが浮いてきます。
頑固なマスカラでも、アイメイクリムーバーを乗せて放置するだけ、すっと浮かせる事が可能です。
決してゴシゴシせず、多少の時間放置してあげましょう。

アイメイクにはジェルタイプかクリームタイプのリムーバーを使おう<

アイメイクを綺麗に馴染ませて浮かせるためには、目元にしばらく留まらせて綺麗に浮かせてくれるリムーバーが最適です。
テクスチャーが緩い物は、目元に留まりにくいので、アイメイクを綺麗に浮かせる事が出来ません。
アイメイクがなかなか綺麗に落ちない、と思う方は、アイメイクリムーバーのテクスチャーを変えてみましょう。

アイメイクと綺麗に馴染ませてあげる為には、ジェルタイプのアイメイクリムーバーが適しています。

クリームタイプも目元に負担が無くテクスチャーが硬めなので、目元のメイク落としに適していると言えます。

メイク落としの後に蒸しタオルを使ってみよう

リムーバーでメイクを浮かせて落とした後に、蒸しタオルで目元を温めてあげると、毛穴が綺麗に開きます。
毛穴が開いた後に洗顔すると、より一層汚れをキレイに落とす事が出来ます。
万が一リムーバーやクレンジングで残ってしまった汚れも、洗顔で綺麗にする事が出来るので、非常に有効的です。

蒸しタオルは、タオルを熱いお湯にくぐらせるだけで出来上がります。
火傷しない程度の熱さのタオルを、目元に乗せてあげましょう。
濡れタオルをレンジでチンするだけでも、簡単に作れます。