コラーゲンの働き,老化防止

関節や骨を強くする

関節部分に存在している軟骨ですが、その軟骨の約半分をコラーゲンが占めています。
コラーゲンが劣化してくると水分保持が出来なくなるのは、肌の事でも有名な事ですが、軟骨のコラーゲンも水分保持が出来なくなると、軟骨が硬くなってしまいますので摩耗してしまいます。

軟骨が硬くなって摩耗してくると、骨同士がゴンゴンとぶつかるので、骨の形が変形してしまいます。
それにより、痛みを発生してしまいます。
関節痛などの痛みを発生させてしまうのは、コラーゲンの減少と大きく結びついていると言えます。

血管への影響

血管は、コラーゲンが多く含まれている部分です。
弾力のある血管を保つ為には、とても欠かせない成分と言えます。

年齢を増す毎に血管が弱くなっていくと、聞く事があります。
それは、コラーゲンが減少している影響と言えます。

血管の弾力性が無くなると、柔軟性が無くなります。
柔軟性が無くなると、血圧が高くなってしまうので血流が悪くなってしまいます。
いわゆる、血液ドロドロという状態です。
このワードを見ると、とても危ない!って理解出来てきますよね。

血管に弾力があると柔軟性があるので、血流に合わせて伸び縮みの変化が出来るようになります。
年齢を増してくると、血管の病気になる方が増えていきますが、それはコラーゲン減少と密接な関係があると言えます。

ヤケド跡に効果あり

コラーゲンを摂取する事で、色素沈着を改善する事が出来ます。
その為、ヤケドの跡を綺麗に早く治す事が出来ると言われています。
この際、ビタミンCと一緒に摂取することで、更なるヤケド跡への効果を発揮してくれます。

また、ヤケドを細菌から保護してくれるコラーゲンのシートなどもあり、コラーゲンがヤケドに効果がある事が理解できます。

ヤケドをしちゃった方、ヤケド跡の治りが悪い方等には、コラーゲン摂取はオススメと言えます。

老化防止

コラーゲンはタンパク質の一種であるので、体に柔軟性を引き出してくれます。
年齢を増すと、体の柔軟さに欠けてくるので、柔軟さが出るのは嬉しい事です。

ハリやしなやかさ等、年齢を増すと確実に衰えてしまう事も、コラーゲン摂取により改善する事が出来ます。

コラーゲンは、我々の体内の至る所に存在しています。
それらがどんどん欠落し、老化に繋げて行きます。
年齢を増していく事と比例して、コラーゲンは摂取すべきと言えるでしょう。

毛髪や頭皮にも影響

増毛にコラーゲンがもたらす効果は、頭皮に対する影響です。

頭皮には一般的な皮膚と同様、表皮の下に真皮があります。
この真皮に、70%もコラーゲンが存在しています。
年齢を増す毎にコラーゲンが減っていき、真皮のコラーゲンも減ってしまいます。

頭皮の真皮のコラーゲンが減ってしまうと、本来毛根に運ばないといけない栄養を運ぶ事が困難になってしまいます。
毛髪が栄養失調状態になり、毛髪が抜けやすくなってしまいます。

毛が抜けるだけじゃ無く、毛髪全体に元気が無くなってしまうので、ツヤも無くなりハリやコシも無くなってしまいます。
年齢を増している方の毛髪は、どことなくハリもツヤも無い、残念な感じになっている事が大半ですが、それはこのせいと言えます。

コラーゲンが減ると、体全体が衰えてしまう

このように、コラーゲンが減ってしまうという事は、肌の綺麗さを保つ事が出来なくなるだけではなく、体全体が衰えてしまい更なる老化に結び付けてしまいます。
コラーゲンが、体全体に存在している事が物凄く理解できますよね。

しかし、年齢を増す毎にコラーゲンはどんどん減少していってしまいます。
気が付いた時には、もうかなり減っていると言えるでしょう。
恐らく、想像以上に減っていると思います。
そう感じた時から、自らの力でコラーゲンを補ってあげる事が大事と言えます。

見た目を年老いて見せてしまうのは、自分自身のケア不足と言えます。
きちんと自分に向き合って、若さを保つ努力をする事はとても大事です。

年相応もいいですが、やはり綺麗に若く元気に保つ事は、とても素敵な事です。
同じ年齢の人と比較して若いと思われた方が、やはり嬉しいものですよね。

減ってしまう物は、自ら補ってみましょう。
減る速度より、摂取する速度の方を早くしてみようと思う位に積極的にコラーゲンドリンク摂取すると、若さを保つ事が可能になるでしょう