そもそもグリーンスムージーってどんな物なの?

グリーンスムージーとは、緑の生野菜とフルーツと水を混ぜて作ったジュースの事です。アメリカで、ローフードの実践者の方が提唱し始めたのが始まりと言われています。食事制限ダイエットや過剰に動くダイエットは、もちろん効果的で魅力的なダイエット方法です。しかし、女性であれば、綺麗を保ちながらダイエットにつなげていく事は、とても大切な事と言えるのではないでしょうか。グリーンスムージーは、体内を健康的にして痩せる事に繋げていくので、色んな意味合いを考えても女性に適しているダイエット方法と言えます。ダイエットに繋がるだけじゃなく、むくみや美肌効果もあります。綺麗な女性になる為の、ダイエット方法と言えるでしょう。

そもそもグリーンスムージーってどんな物なの?

毎日グリーンスムージーを摂取する事で、体内のデトックス効果を発揮してくれます。余計な成分を体外に排出する事が出来るので、健康的になります。更に、食物繊維も豊富に摂取出来るので、お通じが良くなり便秘解消にもつながります。毎日1杯程度摂取する時も、飲む前後40分は他の物は一切口にしないのがポイントです。それ以外の時間帯は、何を食べてもOKと言われています。それだけ、グリーンスムージーには絶大な効果があると言えるでしょう。しかし、本気で痩せたい!と思ってグリーンスムージーダイエットをするようになったのであれば、出来るだけ他の食事もカロリーオフの食生活にする事が望ましいでしょう。

毎日グリーンスムージーを飲もう

グリーンスムージーダイエットは、グリーンスムージーを毎日飲んでいく方法ですが、その中でもスペシャルグリーンスムージーディを作って、更にグリーンスムージーの効果を発揮させましょう。1週間のうち、グリーンスムージーのみの食事しかしない日を、1日作りましょう。その日は、グリーンスムージーのみの食生活です。他の食べ物や飲み物は、一切口にはしません。グリーンスムージーしか飲んじゃいけない日なんて耐えられるかしら?と思うかもしれません。でも、意外と慣れてしまうので気にならなくなりますよ。グリーンスムージー初心者の方は、ベーシックなグリーンスムージーから始めた方が良いでしょう。ベーシックなグリーンスムージーは、果物をメインとします。オレンジやバナナ、リンゴ、キウイ等を入れて、グリーンはほうれん草を使いましょう。ほうれん草は、入れ過ぎると苦みや青臭さが酷くなるので、飲み辛くなってしまいます。市販に販売されている梱包の、1/4程度の量のほうれん草で充分です。コップ1杯のグリーンスムージーになるように、ホウレンソウとその他の果物とお水1カップ程度を、一緒にミキサーにかけましょう。

グリーンスムージーダイエットをより効果的にする為には

せっかく一生懸命グリーンスムージーを作っても、ちょっとした間違いをしてしまうと、ダイエットに繋がらなくなってしまいます。以下の事は、きちんと守るようにしましょう。①グリーンスムージーを飲む前後40分は何も口にしないグリーンスムージーの栄養を最大限に摂取する事が大事なので、前後に他の物を食べたり飲んだりしてしまうと、せっかくのグリーンスムージーを飲む事に意味が無くなってしまいます。必ず、飲む前後40分は何も口にしないようにしましょう。②でんぷん質の野菜などは絶対入れない根菜やキャベツ、豆類には、でんぷん質が含まれています。でんぷん質はフルーツと食べ合わせが悪いので、グリーンスムージーの効果を妨げてしまいます。絶対に避けましょう。③飲む直前にミキサーをかける野菜や果物をミキサーにかけて液状にするのですが、ミキサーにかける事で切断断面が多くなるので、酸化しやすくなってしまいます。酸化してしまうと、野菜も果物も効果が激減してしまいます。飲む寸前にミキサーにかけるようにし、出来上がったら即座に飲むようにしましょう。④1日グリーンスムージーしか飲まない日は1日1~2リットル飲もう1日グリーンスムージーだけの食生活にする時は、グリーンスムージーからしか栄養が摂取出来ません。したがって、1日1~2リットルくらい飲むのが理想と言えます。

グリーンスムージーを作る時のポイント

グリーンスムージーの入れる野菜や果物は、出来れば毎日違う物を摂るようにしましょう。毎日違う野菜を取り入れてもらいたい理由は、葉野菜に含まれるアルカロイドという毒素との関係性です。アルカロイドは、少量摂取する分には何の問題もありません。しかし、毎日摂取してしまうと、体内に蓄積して中毒症状を起こしてしまう事があると言われています。毎日違うグリーンスムージーを作って、飽きないグリーンスムージーダイエットにつなげる事も、本気で痩せる為には重要と言えます。